繁忙期、子育てをしながら休みなく仕事が続き、下の子はまだ夜中に授乳をしていることもあり、寝不足で疲れの取れない日々が続いていました。
ゆっくりできないし、疲れがたまってくると、些細なことでもイライラしてしまい、そんな自分が嫌な時期がありました。
そんなとき、主人がサプリメントをススメてくれました。
そのサプリメントは、アミノ酸やマルチビタミン、ミネラルがたっぷり入っているもので、最初は半信半疑でしたが、飲み始めました。
サプリメントを飲み始めて一週間ほど経ったころ、朝起きることが前よりつらくなくなったことに気づきました。
疲れが取れない日々は、朝起きるのがとてもつらく、一日が始まってほしくないと思った日もありましたが、そんな風に思う日が無くなりました。
そして、さらに飲み続けていると、疲れを翌日まで持ち越さないようになりました。
どんなに仕事で疲れていても、翌朝には今日も頑張ろうと思えるようになり、サプリメントの力って凄いなと思いました。
今でも毎日飲み続けていますし、手放せません。

最近はこの効果に感激して、どんな成分が体にいいのかを勉強し始めました。

独学ではありますが、体にはいろんな栄養素が必要なんだなということもわかりました。

 

そんな中私が注目しているのが、「サポニン」という成分です。

サポニン自体は自然界にたくさんあるのですが、サポニンの中でも「ジンセノサイド」という成分が人間の体に非常に良い働きをするのです。

それが、いわゆる「高麗人参」などの人参に含まれている成分です。

ジンセノサイドというのは人参という意味から来ているんですね。

そこでジンセノサイドについて調べるとジンセノサイドの量がとても多いものがあるのを知りました。それが、「田七人参」です。

田七人参というのは日本では馴染みが無いですが、本場の中国ではとにかく貴重な漢方の原料だそうですね。

今は日本では混じりけの無い田七人参できちんと信頼できるものが手軽に買えるようになっています。

いい時代です。

最近では私はその田七人参のサプリメントも飲み始めています。

疲れやすいときに効くサプリメント